クラビットは性感染症で認知されているクラミジアなど限らず肺炎、リンパ管・リンパ節炎、気管支炎など幅広く効果がある万能な薬です。そんな薬界のパイオニアであるクラビットを紹介していきたいと思います。

2017年04月の記事一覧

クラビットの自覚症状と大学での学習内容の違い

クラビットの副作用は現在では多くの学会や大学などで発見されており、その取扱いの方法については広く注意喚起されています。そのため従来に比べ抗生剤の中では使用される場面が限られており、クラビットしか効果のないクラミジアや、その他の強力な感染症にのみ処方されるようになっています。しかしクラビットによる神経障害などの自覚症状についてはいまだ未知数の部分も多く、多くの大学の医学部や学会などで引き続き研究が進められているものも多いのです。
クラビットの副作用による自覚症状は、肉体的には蕁麻疹等が挙げられます。また精神的には言語障害や記憶障害などが発生することが有り、特に肝機能が衰えている高齢者は発症しやすいと言われているものです。自覚症状とはいえ、言語障害や記憶障害は本人には自覚が無いことも多く、その為認知症と見間違えてしまうこともあるため十分な注意が必要です。
とはいえ、クラビットはこれまでは抗生物質の中では強力で万能ということで、手術後や抜歯後の化膿止めとして多用されていた時期が有りました。又大学の医学部でもその効能については研究されてきましたが副作用については余り研究されていない部分が有り、特に高齢者の症状については認知症と非常に類似しているためなかなかその研究が進まなかった経緯があります。また、クラビットによる副作用は残留作用であることから、服用してから数日経過して発症する傾向が有ること、また肝臓の機能が低下している高齢者にとっては少量でも副作用を引き起こすことからその原因がなかなか分からなかったのが実情です。
しかし現在ではその自覚症状も含め多くの症例が報告されており、クラビットと肝機能の減退と脳神経障害の関連性が研究されています。

続きを読む