クラビットは性感染症で認知されているクラミジアなど限らず肺炎、リンパ管・リンパ節炎、気管支炎など幅広く効果がある万能な薬です。そんな薬界のパイオニアであるクラビットを紹介していきたいと思います。

陰茎からの分泌物やおりもの増加とクラビット

性行為によって感染してしまう病気はいくつもありますが、日本人のなかでもっとも多いとされるのが性器クラミジア感染症であり、若い世代への拡散防止が叫ばれています。この性器クラミジア感染症という病気ですが、感染してから数日から数週間程度経過してから、男性であれば陰茎から透明か薄い白色の分泌物が出て、排尿をするときにかゆみや痛みがあったりします。女性の場合には、おりものの量が増加し、性行為の際などに下腹部の痛みがあったりします。こうした症状は典型的な性器クラミジア感染症の症状ですが、実はまったく症状としてはあらわれないということもあり、人による差が大きなものです。もしも性器クラミジア感染症にかかってしまった場合ですが、ひとまず病院に行って検査を受けて、クラミジアであることを確認したほうがよいでしょう。クラミジアの検査方法にはいくつかありますが、たとえば尿のなかに含まれているクラミジアの核酸を増幅させて取り出すことで、感染しているかどうかを確認するといったものがあります。このような検査で陽性となった場合には、クラビットのような医薬品によって治療をするのがセオリーといえます。クラビットというのは、抗菌剤といわれる種類の医薬品ですが、血液中で一定の濃度にまで高まると、体内に侵入していた細菌を殺菌するほどの効果があるため、幅広く感染症の治療目的で用いられているものです。このような抗菌剤を使って、一気に細菌にダメージを与えることができれば、性器クラミジア感染症の症状もなくなり、また平穏な毎日をおくることができるようになります。ただし、人によっては下痢や腹痛などの副作用がありますので、処方された分量をしっかり守って服用すべきです。