クラビットは性感染症で認知されているクラミジアなど限らず肺炎、リンパ管・リンパ節炎、気管支炎など幅広く効果がある万能な薬です。そんな薬界のパイオニアであるクラビットを紹介していきたいと思います。

発展途上国で性器にぶつぶつができたらクラビット!

アフリカや東南アジアなどの発展途上国では、性病に関する教育が不十分であることが多いです。知識が無いので、性病をどのように予防して良いかも分かりません。そのため国民は避妊具を使わないでも性行為をすることに抵抗を感じていません。そのような状態で蔓延してしまうのが性病です。避妊具なしの性行為を続けると、知らないうちに人から人へウイルスが広がってしまいます。時には観光客と性行為をしてうつすこともあります。現代は飛行機に乗れば様々な国に行けるので、物価が安いといった理由で発展途上国に旅行に行く人も増えています。旅先であった現地人と興味本位で性行為をすると、性病をうつされる恐れがあるので注意しなければなりません。もし性行為した相手や自分の性器にぶつぶつができていたら、それは性病のサインなのでクラビットを服用する必要があります。ぶつぶつが出る性病で有名なのが、クラミジアです。クラミジアの原因であるクラミジアトラコマチスは、かつての日本では目の病気を引き起こすウイルスでした。しかし日本では水道が整備されて毎日清潔な水を飲んだり、お風呂に使ったりするので、このウイルスが原因で眼科に行く人は自然といなくなりました。しかし性器にはまだ存在しており、性病として患者数が非常に多いです。発展途上国のほとんどは清潔な水さえ確保できないので、常にウイルスに感染する危険性があります。男性の場合は尿道が痒くなることがあります。女性は自覚症状がないことも多く、放置すると子宮外妊娠のリスクを高めます。治療薬であるクラビットは、500mgを1日1回1錠だけ水で服用するだけです。オーラルセックスでも感染するので、口や咽頭の症状も改善します。