クラビットは性感染症で認知されているクラミジアなど限らず肺炎、リンパ管・リンパ節炎、気管支炎など幅広く効果がある万能な薬です。そんな薬界のパイオニアであるクラビットを紹介していきたいと思います。

クラビット開封時の保管方法

クラビットとは、有効成分レボフロキサシン水和物が配合された抗菌薬です。細菌は自らのDNAを複製することで増殖し人体に影響を与えますが、クラビットには細菌のDNA複製を妨げる作用があり、細菌を原因とする様々な病気に用いられています。旧来の抗菌薬と比較して強力な抗菌力が特長で、飲み薬では治療するのが難しかった難治性の感染症に対しても良い効果を示すことがわかっています。抗菌剤としては副作用も少ないほうで、多くの人に処方しやすい薬です。尿路感染症をはじめ、皮膚や呼吸器、耳鼻科領域の感染症などで利用されています。クラビットの保管方法としは、直射日光などを避けて、湿気が少なく涼しい、温度変化が少ない冷暗所に保管します。未開封でも開封後でも同じで、乳幼児や小児などが手の届かないところに置くようにしましょう。病院で処方される薬の多くは使用期限が2年から3年に設定されています。薬の中には湿気や光に弱いものもあるため、保存方法によって使用期限内であったとしても、効果が低下してしまうものも存在します。注意したいのは、薬局で複数の種類の薬を袋詰めしたものは、本来の密閉された包装から1度開封されているため、より適切な保管を行う必要があります。見た目でわかる明らかな変化のある薬は健康被害を引き起こす場合もあるため、使用せずに廃棄しましょう。クラビットは副作用の少ない薬ですが、発疹がでたり下痢などの消化器系の異常が続く場合は、早めに医療機関へ受診してください。そのほかの副作用として、特徴的な光線過敏症を起こす可能性があります。皮膚の弱い人や長期服用を行う時は、できるだけ強い日差しや直射日光を避けるようにしてください。