感染症のパイオニア!クラビット!!

クラビットは性感染症で認知されているクラミジアなど限らず肺炎、リンパ管・リンパ節炎、気管支炎など幅広く効果がある万能な薬です。そんな薬界のパイオニアであるクラビットを紹介していきたいと思います。

クラビットのジェネリックは信用できるのか?

ジェネリック薬は安く買えて効果がある薬だという認識は広がってきています。しかし身体の不調を治すものに安いものを使って大丈夫なのか?とその信頼性を疑問視する声もあります。ジェネリックとは新薬を開発した後、特許の期限が切れた後に薬の有効成分を利用して安く作られた薬のことです。新薬を作るためには多くの時間と費用が掛かるため、新薬の有効成分は10年間は開発した会社のみが製造できるようになっています。ジェネリック薬はその特許の器官である10年が経過した後に有効成分を利用して作られているため、開発費用が不要になるので安く薬を作ることができるのです。クラビットにも多くのジェネリック薬があり、細粒で5種類以上、錠剤になると20種類以上ものジェネリック薬が販売されています。クラビットの有効成分であるレボフロキサシン水和物が使われている薬のため、病気に対する効果は同じであると考えられます。しかしクラビットとの違いは有効成分以外のものにあります。新薬の特許は薬の製造に対する「製法特許」や、製造上の新しい工夫に与えられる「製剤特許」があり、これらの特許の期限が切れない限りは同じ製法でジェネリック薬を作ることができません。そのため錠剤に使われている有効成分以外の他の成分はジェネリック薬を製造している会社によって微妙に異なってしまいます。そのため、本来の胃腸での消化や吸収にかかる時間がレボフロキサシン水和物以外の成分によって変化してしまっている可能性があります。そうなるとクラビットよりも薬の効果が強くなってしまったり、逆に弱くなってしまう、副作用が出やすくなってしまうというデメリットの可能性も考えられるのです。

性病治療にはクラビットよりエンペシドクリームがおすすめ
エンペシドクリーム